遺産相続問題に悩む方々へ

相続問題では、遺産をめぐり親類との争いや予想外のトラブルなどに発展することが多くあります。

このような問題に直面した場合、どうしたらいいのでしょうか?

遺産相続においての様々な問題について

現在の我が国においては、一個人における遺産相続などは、基本的にその相続を行うべき被相続人が死亡をしたうえで、それが行われるようになっています(民法882条等)。

ところが実際には、その被相続人が死亡したりした後に、初めて嫡出子や養子、遺言記載上の相続を受けるべきである法定相続人などが知った場合とかが多く、実際にはそれにも関わらず、肝心な相続などが本人達がしたい場合とかにきちんとできず、見ず知らずの他人に不法占有をされたりするような事態などが、大変問題となったりしています。

あるいは、被相続人本人である親が死亡した場合に、その事情を知る家族の一員が、それを知らせずに勝手に不法占拠をしたり、あるいは、それを他の相続人である家族に知らせずに、善意あるいは悪意などである第三者などへの売却などを、独断でしたりするなどといった事案とかも大変多く、事後に相続人あるいは推定相続人の方とかが気が付いたりしても、そのような事実を中々証明をしたりするのに困難などがあるようなケースとかも、大変多いようです。

そうした場合に弁護士の先生が法律上の代理人として、依頼をしてきた相続人あるいは推定相続人の方からの、相続回復請求権(同法884条)や相続分の取り戻し権(同法905条各項)などの行使のための訴訟や調停などの要請を受けたりする場合もありますが、そのための証拠集めなども中々困難な場合も多く、大変な現状があります。