相続においての法律上の遺言による財産分配での課題

2016.8.10

これも基本的な事にあたりますが、遺産相続においては基本的に、先程も幾度か触れたように、被相続人の死亡もしくは遺言などによる条件において行われる、法的な流れになりますが、それらの中でもとくに、遺言による相続の場合とかには、被相続人による恣意的な、相続人自身に対して不利な内容である遺言の記載とかがなされたりするような場合も考えられます。

その場合は相続人自身による相続回復請求権の行使とかでの権利回復などの方法や手段とかが考えられたりしますが、これがまた中々法的な様々な障害があり、解決をしない問題を孕んでいます。

というのも、被相続人本人が作成を行う遺言証書の形式が、公正証書遺言(民法969条)・秘密証書遺言(同法970条)などから法律上なりますが、遺言内容によってはとくにそれらのうちで後者の場合、秘密証書などといった形式を利用して、相続人本人に対して不利な内容を記載をしたうえ、その者が閲覧などをしないようにするなどといった、不当な遺言記載などのトラブルとかも起きているケースがあり、これ自体が相続の完了を中々させないといった深刻な問題とかも起きたりしています。

このため、法定相続分などを根拠にした相続回復請求での民事裁判などによる解決とかも試みられたりはしていますが、係争自体が長期化しているような案件も大変多く、これからの将来の課題となりそうです。

PickUp記事

一覧へ戻る